« なんかついてなかった一日・・・ | トップページ | 8039F、ついに恩田へ・・・ »

昨日よりは良かったです~

こんにちは!今日は自由が丘に2時間いました、まっちゃんです!

今日は起きれた~^^

なので歌舞伎の8000系を撮影に!

Dsc07632 まず代官山にて31ゥの8017Fを撮影!

ちょっとシャッター切るの遅かった・・・

これに乗って自由が丘へ逆戻りー

自由が丘からは歩いて都立大学方面の有名撮影地へ!

今日はすごいことにラッピング車、全部走ってました!

Dsc07665 まず東横線開業80周年の5159F!

あ~完全失敗ですな・・・

下に寄ってるし・・・

まあ来年まで走ってるので別にOK!(ぇ

Dsc07675 こちらは8/31まで走ってる仮面ライダー号。

これは成功!

一度も撮影してなかったので、撮れて良かったです!(^0^)

Dsc07676 今度は今年いっぱいまで走る「横浜開港150周年号」こと9109F!

こちらも成功かな?

しかし、側面のラッピングはかなりハデですね~

返しは、仮面ライダー・150周年号ともまあ成功でした~。80周年、また失敗・・・

Dsc07697 こちらはおなじみTOQ-BOX号です。

最近撮ってなかったので撮れてよかった~^^

他のラッピング車に負けないハデさです。。。

Dsc07720こちらもおなじみシャボン玉編成。

ここで29ゥと31ゥの8017F・8019Fを撮るはずでしたが、なぜか8000系に限って失敗・・・(泣)

返しも8019Fは失敗・・・

なのですぐに場所移動!自由が丘~田園調布間の踏切で撮影します。

待つこと15分。。。

ようやく登場!その時!!03系が被りやがった!!!

Dsc07746 めちゃくちゃ冷や汗かきましたがどうにかセーフ・・・

端っこに半分03系が・・・。こいつによく被られるんですよね(T_T)嫌いな車両部門に入ってます(好きな方、ごめんなさい!)

これで東横線の8000系の撮影は終了。

今度は歩いて大井町線の8001Fを撮影に!

今日の運用は102ゥと行きの電車で確認済み^^時刻表を見ると大井町からすぐに戻ってくるようなので自由が丘~緑ヶ丘の踏切へ!

Dsc07753 逆行ですがとりあえず撮影。

二子玉川から戻ってくるのを待ちます。

ここの踏切は日陰があったので助かりました(^_^;)東横線の踏切は日陰なんてなく・・・。皆さんも熱中症にはくれぐれも注意を・・・

Dsc07779約20分程で戻ってきました。

気持ち左寄りかな?まあ許容範囲です。

撮った後はダッシュで駅へ戻り、旗の台へ向かいます。

こちらはしばらく来ないうちに工事がだいぶ進んでました~

大井町線はわりと短い路線なのですぐに戻ってきます。

Dsc07786 今度は完璧!

陽が当たってらもっと良かったですね~

撮ったら追いかけるように移動して尾山台行き、撮影!

Dsc07792 ここは東急のカレンダーにも載ってた所です。

ここも日陰があるので夏には助かる撮影地です。

そして尾山台駅へともどり後続の電車で下神明へ。

Dsc07801 うーん・・・

全部入りませんでした・・・

この駅は異常にホームが狭いのでこれが限界です(>_<)

全部入れようとすると黄色い線を出なきゃいけなくなるので、大変危険です!!

皆さんもご注意を・・・

下神明を出た後は戸越公園へ。しかし、結構待ったにもかかわらず失敗!

Dsc07831 またすぐに折り返してくるので再び旗の台へ。

撮った所がさっきと違いますが、順光で陽は完璧ですね!

やはり陽が当たった方がかっこいいです!

Dsc07835 二子玉川では最後に8590系との並びを撮影!

ここでは同業者が多数・・・

その後は早めに帰宅しました~。

こんなに8001Fを撮影したのは初めてかな?東横線の8000系と違って終日運用に就くことが多いので今のうちにたくさんの記録を撮っておこうと思います。また近いうちに撮影に行く予定です。

明日から2日間はまた夏期講習・・・

正直、かなりうんざり・・・

まあ頑張りますわ・・・

それでは!

|

« なんかついてなかった一日・・・ | トップページ | 8039F、ついに恩田へ・・・ »

「鉄道撮影記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185507/7550998

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日よりは良かったです~:

« なんかついてなかった一日・・・ | トップページ | 8039F、ついに恩田へ・・・ »